求人の適性検査と能力適性検査

求人の適性検査とは

トップ

求人の適性検査について 

求人における適性検査に能力適性検査がありますが、これは会社によって出題が違ってきます。概して言えるのは、入社試験問題とは違い、高度な問題が出るわけではありません。総じて常識問題が出題されますが、これが案外曲者で、簡単な問題ほど見落としがあるとはよく言われることです。例えば、営業関係の求人適性検査や商社関係では、国語の書き方や読み、歴史問題、政治問題などが出題されたりします。接客や交渉の際の業務に最低限必要な常識を問います。一方、技術職や手作業を伴う仕事に就く場合には、計算問題や物理問題の他、あるいは時間内でできるだけ多くの細い棒を一方の穴から他方の穴に入れさせるというような実技的な能力適性検査を行う場合もあります。

求人応募の適性検査について 

求人の応募にあたり、事前に適性検査を受けることは、自身の職歴や性格などを客観的かつ総合的に判断して、目指す職種、仕事を問題なくこなすことができるかどうかを見極めるための大切な機会になります。職業紹介をおこなっている側も、検査依頼者からの要望に出来る限り応えつつ、条件に見合った仕事を紹介していくことになりますので、適性検査はそのための参考になります。同時に、具体的な仕事内容に踏み込み、それらをこなす上で支障はないかどうかについての、能力適性検査もおこなわれます。それぞれが、問題なく適合するようであれば、自信を持って求人の応募に踏み出すことが出来ます。

求人,spi